赤ちょうちん

お酒を飲みながらする無駄話や愚痴のような雑記

危険運転は一般のドライバーでもする(意識的にではないのだろうが)

高速道路での危険運転で被害者が出て以来、報道などで危険運転がどれだけ多いかが報道されるようになりました。また、ドライブレコーダーが普及して、その様子がyoutubeで流されるようにもなっています。

 

私もあれほどひどくはないけれど、危険運転にあったことがあります。煽られることはしょっちゅうですが、前が詰まっていて譲れない場合もあるので無視していると、譲った後に報復行為?とも思える、追い越しがけの幅寄せをされました。ああいう輩のようなドライバーはほおっておくに限ります。腹を立てるだけ損をするので、鼻で笑ってやることにしています。誰も巻き込まずに自損事故にあえってののしりながら。

 

でも、危険運転はこういう輩のような運転をするドライバーだけではないと思います。どっちかというと普通のドライバーの方がやっかいかもしれません。

 

輩ドライバーは煽ってくるのでわかりやすい。その一方で普通のドライバーは突然危険運転をするのです。

 

普通のドライバーというのは、休日しか運転しないドライバーのことです。普段から車を利用して高速道路を運転しているのであれば、そこに存在する”常識”のようなものが身についているのではないでしょうか。道路の流れの中で運転をするので、ほかの車の動きが予測しやすいのです。

 

ところが、あまり運転をしない、高速道路を利用しないドライバーは常識は常識でもその人の常識でしか動きません。もちろん、法律は守っているのですが流れが違ったりするのです。だから、こっちからしたら突然車線変更をされたりといったことになります。ドライバーは無意志ですが。

 

帰省などでは、車が多いうえにこういうドライバーが多いので特に要注意です。