メダカのベランダ飼い

ベランダで飼っているメダカのことが中心のブログ

アリバイ崩し承りますを読んで、見て

アリバイ崩し承ります。

 

こんな本を読みました。

 

通勤時間にYou Tubeで動画を見たりするのもいいのですが、お父さん世代としては眼にきつい。

 

そんなときは読書です。

 

気楽に読める本はないかと思って探していて見つけました。

 

しかも、テレビドラマになることが決定との帯。

 

私にとって推理小説といえば、西村京太郎なんですが、最近はあまり読まなくなりました。

 

それに変わったのが、東野圭吾

 

白夜行に始まりガリレオシリーズなど(もちろんこれ以外にも)、多くの作品があります。

 

そしてしばらく読んでいなかったのですが、久しぶりに読んでみようと思ったのがタイトルに惹かれた「アリバイ崩し承ります (実業之日本社文庫) [ 大山 誠一郎 ]」です。

 

長編ではなく、1冊に7話の話が書かれているので通勤時間にはちょうどいいですよね。

 

推理小説なので、中身を書くとネタバレになるので書きません。ドラマは、本に書かれているタイトルの順とは変わっていますし、登場人物も主人公の時計屋の娘以外は違っています。

 

作品中では、刑事は新人刑事ですし、ドラマで出てくる政治家の息子はドラマオリジナルです。

 

でも、(当然ですが)ストーリーは作品に忠実に進んでいきます。

 

ドラマの時間帯が土曜日の深夜帯という不利な条件ですが、主人公は旬の女優浜辺美波なので、どこまで視聴率が伸びるでしょうか。(個人的には視聴率はどうでもいいですが)

 

小説が先か、ドラマが先かというのは難しい選択ですが、私は小説を読んでドラマを見ることをおすすめします。

 

小説を読んでもわかりにくかったシュチュエーションを映像で見て、なるほどとうなずく。そして小説に戻って改めて楽しむ。

 

そういう小説の楽しみ方もあります。

 

まだ読んでいない方も、一度いかがでしょう。

 

気軽に読み始められる一冊です。