赤ちょうちん

お酒を飲みながらする無駄話や愚痴のような雑記

稀勢の里の横綱昇進は正しかった

大相撲春場所横綱稀勢の里が優勝しました。

貴親方、稀勢に感じた「風格」 横綱の責任果たし殻ひとつ破った (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

先場所優勝して横綱に昇進した稀勢の里ですが、内規とされていた「二場所連続優勝」ではなく、年間最多勝がそれに準じているとの横審の判断ではなかったかと思います。

 

世間では批判的な意見が多く、私も「日本的だなあ」とか「別の思惑があったのではないか」とか思っていました。本当に横綱としての強さがあるのかが疑問で、無理に横綱にさせられたというのではかわいそうだと思ってもいました。

 

その批判は横綱本人が払拭してくれました。世間の目は一気に昇進後初優勝への期待に変わったことでしょう。

 

ところが、13日目に流れが変わります。横綱日馬富士との一戦で左肩に怪我をしました。14日目には鶴竜に力が出せず負けます。テレビで見ましたが、全く力が出せないような負け方でした。千秋楽は休むか?と思いました。

 

そして昨日の千秋楽です。

 

本割で照ノ富士を破り、優勝決定戦で再び破っての逆転優勝です。

 

12日終了までは、全勝で優勝安泰か?との期待。

13日目に大怪我か?の一番で、一気に休場への不安。

14日目の一番で、やっぱり駄目か。

千秋楽で逆転有優勝。

 

日本人だけではなく、この流れは感動を生みました。

 

こういう場合、敵役になる人は可愛そうです。照ノ富士にしても、復活の優勝を狙うわけですが、期待を背負っての春場所、怪我を押しての出場、そして逆転優勝への期待には勝てません。

 

そして稀勢の里が優勝したからよかったものの、怪我を負わせた日馬富士にしても負い目はあったでしょう。勝負事なので怪我はしかたないと割り切っているのでしょうか。

 

稀勢の里横綱昇進は正しい判断でした。怪我を押しての出場。そして逆転優勝。怪我の状態はどうだったかはわかりませんが、横綱らしい真っ向勝負でした。

 

来場所は、まずは怪我を直して万全で向かえてほしいですね。