赤ちょうちん

お酒を飲みながらする無駄話や愚痴のような雑記

負け惜しみではなく、柔道ではなくジュードーだ

毎回思うことだし、毎回言われることだ。それはわかっているのだ。

柔道ではなく、ジュードーという表記にするべきだ。

オリンピックや他の世界大会でのジュードーは酷い。素人でもわかる。

 

組んでから投げる。組んでから倒して寝技に持ち込む。これが基本だ。

 

でも、オリンピックでジュードーを見ていると、後ろから投げていて・・・。

 

もういいか、そういうスポーツに成り下がってしまったのだ。

 

東京大会で新しい競技が増え、その中に空手も入っているという。一方、剣道は柔道のようになることを嫌って手を挙げなかったとうことを聞いたことがあるが、懸命な判断だと思う。

 

柔道は難しくてわかりにくいから、今のようなスタイルになったという。

 

剣道も、あの打ち合いを判定できる審判が外国にはいない。フェンシングなんて機械が判定している。そんなみっともないことをするくらいならオリンピック競技にならなくていい。

 

いや、楽しみにしていないわけではない。日本代表選手は頑張って欲しいのは変わらない。でも、見ているとどうも「こんなん柔道ちゃうわ!」と思ってしまうのだ。