赤ちょうちん

お酒を飲みながらする無駄話や愚痴のような雑記

どこまで増えるのだろうか

メダカが爆増中である。
 
去年から飼っているメダカが、春先から卵を産み続け、その卵が孵化し続けているからだ。
 
メダカは1ペアだが、毎日のように卵をお腹に抱えている。そのうち水草に卵を付けて、それを別水槽(プラスチック製の小さいもの)に移し替えている。卵を親メダカが食べてしまうからだ。
 
はじめは、卵に目ができて、やがて孵化するたびに喜んでいたのだが、それが繰り返されるようになったのだ。全ての卵が孵化するわけではないが、それでも毎日のように卵を産んで、それが孵化するのだ。こうして増えた稚魚用に睡蓮鉢(プラ製)を用意したものの、次々に孵化する稚魚を放っていたら、ちりめんじゃこがうじゃうじゃいるような鉢になってしまった。
 
まだ針子と呼ばれるちりめんじゃこよりも小さいので問題はなさそうだが、これが大きくなったらどうしようかと思っている。親メダカは今も卵を産み続けていて、最終的にはどれくらいの卵を産み、どれくらいの数の稚魚が増えるのか不明なのだ。
 
「メダカの生物学」という私が学生時代に読んだ本を改めて読み返してみたら3000個の卵を産むこともあるらしい。さすがにこんなに産まないだろうし、産んだとしても生き残らないだろうが、早めに里親を探さなければならないと、朝、エサをやりながら思う次第だ。

新しいメダカは白と黒

メダカの飼育を始めようとして一週間がたち、わが家に新しいメダカがやってきた。買ってきた。

 

 

kyooyaji.hatenablog.com

 

 

黒メダカ4匹と白メダカ3匹。午前中、図書館に行った帰りに寄り道をして金魚屋さん(ペットショップじゃなくて、養魚専門店)での購入。一緒にアナカリスも。

 

家に帰って昼食の間に、袋のままプランター水槽に浸けて温度合わせ。一時間ほどたってから、水合わせに。

 

初めてなので慎重にと思ったのだが、水合わせをしていた容器が小さかったせいもあってかどうも落ち着かない。これでは逆にストレスになりそうなので、早めに水槽に投入。やっぱり広いほうがいいよね。

 

今のところはまだ元気そうだし、餌をやったらぱくついていたのでとりあえずは安心していいだろうか。

 

 

 

メダカの飼育を始めることにした

妻につられてメダカの飼育を始めることにした。

 

妻がメダカの飼育を始めたきっかけは子供で、学校でメダカを観察することになり、数匹連れてきたのだ。結局一匹だけが残って、他は死んでしまったのだが、一匹だけではかわいそうだということで五匹くらいペットショップで買ってきて、それを育てている。

 

今の季節は産卵&孵化ラッシュで、次々に稚魚が増えている。そんなところに、私がメダカの飼育を新しく始めなくてもいいのだろうが、そこは別のメダカも飼ってみたいと思うのが人情。それに妻は、おしゃれにプラ鉢で飼っているが、私はプランター赤玉土を沈めてそれを水槽にすることにした。小さな素焼きの2号植木鉢を隠れ家として沈めておいたのは小さな愛嬌と思って欲しい。

 

ということで、今週末は水槽を用意して水をはり、来週末メダカを買ってくる予定だ。

 

妻が飼っているのはヒメダカなので、私は別の種類にしようと思っている。

黒メダカにしようか、白メダカにしようか、青メダカにしようか。

こういうのは考えている時間が一番楽しい。

 

 

 

 

 

めざましテレビを見て納得したこと

カールが西日本限定商品になる。売り上げが低迷しているのだそうだ。そういえば、最近食べた記憶がない。

 

カールの売り上げが低迷している理由は、手が汚れるからだそうだ。

 

これを聞いたとき、言っていることがわからなかった。私が子供のときは、スナックを食べて手が汚れたら舐めていた。そういうもんだと思ってきた。

 

最近の子供は手を舐めるのは嫌なのかとさえ思ったが、それは勘違いだった。

 

今朝、めざましテレビでやっていたのだが、スマホだ。スナックを食べながらスマホを触ると画面が汚れるのだ。今時の人たちは、片時もスマホを離さない。おやつを食べるときも当然で、だから、手が汚れるスナックは敬遠されるのだそうだ。

 

そういえばうちのチビたちもおやつを食べながらゲームをしている。

 

私が子供のときは、おやつを食べるときはテレビだった。テレビを見ながらだから手が汚れても問題なかった。

 

テレビの視聴率が軒並み低いのもスマホが原因なのだろう。ドラマなんてスマホをしながら見ることはできない。だから話題が次から次に変わるバラエティーのほうが視聴率がいいのだろう。

 

ラジオがテレビに時間を奪われたように、テレビはスマホに時間を奪われていく。スナック菓子でさえスマホの影響を考えなければならなくなった。

 

朝からホームセンターに行って

f:id:kyooyaji:20170603165208j:plain

 

ホームセンターでハムスターを見るのが好きだ。動いているのは興味はない。行っちゃ悪いが、しょせんネズミだ。だが、寝姿がとてもかわいい。たいがい癒される。

 

それはそうと、目的はヒマワリの植え替えのための培養土を購入しにきたのだ。

 

ゴールデンウィークに帰省したときに、ポットに植えられた苗をもらってきたのだが、根が張ってきたのでようやくプランターに植え替えようというのだ。

 

ベランダで育てるため、一日中日が当たる環境にはないので、できるだけ長い間ポットで育てて背丈が伸びてから植え替えようと待っていたのだが、根の張りも待っていたのだ。

 

f:id:kyooyaji:20170603165220j:plain

 

培養土も野菜用と草花用とがあって、ホームセンターの店員に聞くと肥料の配合が違うようなので、草花用のものを選択。赤玉土は、少し家に残っていたので、腐葉土と一緒に購入した。

 

ついでにメダカ用の水草も一緒に買って帰ったのであった。

 

 

 

大阪は中国語が飛び交う街

f:id:kyooyaji:20170526233500j:image

 

大阪に出張に行ったので、昼食をどこで食べようかと思って難波まで行ってみた。

 

そこで飛び交う言葉は中国語だった。

 

大阪には中国からの観光客が多いことは聞いていた。ツアーの添乗員が大声で中国語で説明をしている。ドラッグストアの店員が中国語で呼び込みをしている。

 

秋葉原にも中国人は多いが、ここまでではないように思う。

 

f:id:kyooyaji:20170526233513j:image

 

カールが西日本以外では販売しなくなる。難波のカールおじさんは今のところ元気だった。

 

 

三田製麺所でつけ麺の大盛り

秋葉原ヨドバシカメラの8階に三田製麺所がはいっている。そこに昼食に行ってきた。
 
東京駅の八重洲地下街にラーメンロードがあり、六厘舎が有名なのだが、他の店と行列の規模が違っていたのでほかの店にしようかとも思ったが、昼時だったこともあってどこも混んでいた。そこで、やはり行きなれた秋葉原にしようと向かったわけだ。
 
まずは何を食べようかと思い秋葉原に向かったわけだが、ヨドバシカメラの8階に何かあるだろうかと向かった。そこに目に飛び込んだのが三田製麺所だ。
 
値段もお手頃なのでここで決定。メニューを見ると並(200g)、中(300g)、大(400g)が同じ値段だったので、迷いながらも大を選んだ。しばらくして目の前に現れたのは器いっぱいの麺。
 

f:id:kyooyaji:20170520112942j:image

 
器いっぱいにドーンと出てきた麺。
 
食べ応えは充分だった。というよりも食べ過ぎだ。
 
途中で割りスープを入れてラーメン風にしてみたが、これは失敗。やはり、つけ麺はつけ麺で食べた方がいいことがわかった。
 
願わくばチャーシューをもうふたかけほどお願いします。
 
美味しかった。