少しずつわかりはじめたメダカのことと、それ以外のこと

ベランダで飼っているメダカのことが中心のブログ

まだ早いかもしれないけど

昨日、お腹をパンパンにしたメダカがいて、卵を産むだろうと思っていたら、今朝お腹にプリプリの卵をつけていました。

 

用意しておいた卵キャッチャー(産卵床)を入れてみたら、物珍しそうに集まっていました。

 

水槽にはマツモも入れているのですが、どっちに産み付けてくれるのでしょう。

 

水温がまだ低いような気がするので、産み付けてもうまく孵化するかはわかりませんが。

 

f:id:kyooyaji:20180422191223j:plain

 

 

ミナミヌマエビ の抱卵

ミナミヌマエビが抱卵しました。


わが家での飼育環境は、 室内でメダカの稚魚と一緒に飼っています。稚魚を外に出すには、 夜から朝にかけての気温がまだ低くて、 環境的には厳しいと思っています。 室内では加温はしていませんが、比較的暖かく安定しています。
ミナミヌマエビはメダカのえさの残りを掃除してもらおうと数匹導 入したものです。


外にもいるのですが、グリーンウォーターなので見えないのです。 室内だと観察ができるので、楽しみにしていました。 ショップで抱卵したエビを見て手が出そうになったのですが、 我慢したかいがありました。


ミナミヌマエビが産卵するかどうか以前の問題として、 そもそもオスメスがいるのかという不安もありました。 10匹くらいればオスばかりやメスばかりということはないのでし ょうが、数匹だと全部どっちかということも考えられます。 ネットでオスメスの判別方法を調べてみて、 どうやら両方いるだろうということがわかりました。 これで条件はクリアーです。


次にいつ頃交尾をするか。これはわかりません。ただ、 交尾前にはメスが脱皮するらしいのです。そして
抱卵の舞といわれる行動を起こすようです。


振り返ると、わが家でも脱皮の跡があったり、 数日前にはエビがふわふわと動き回っていました。


もしやと思って観察をしていたのですが、 卵巣が大きくなっている様子が見られなかったのでまだなのかと思 っていました。


そして昨日観察をしていると、お腹に黒い粒々が見えました。 卵巣が成熟してきたんだと思っていたのですが、 卵を抱えている足で水をかくような動きをして、 そしてふわふわ動くので、ようたく卵と気づきました。


稚エビが孵化するまで3週間~4週間かかるそうです。 室内で飼っているので毎日観察ができるので、今後が楽しみです。

 

水草が難しい

水草を植え替えたら、もさっとなってしまいました。わかります? 「モサッ」て感じ。まとまりのない、もっさりした生え方です。


うちでは、 プランターの底穴をふさいで飼育ケースにしているので、 水草は観賞用というよりもメダカたちの生活環境に配慮したものな ので、植え方にはあまり気を使っていません。どちらかというと、 買ってきたまま投げ込んだほうが楽でいいくらいです。 これまではそうしていました。
ところが、ふと気が変わったのです。


きっかけは、他のケースで余った底砂です。 初めてメダカを飼うことになったときに、メダカ用の底砂を買って、 この春砂利に置き換えたためこの底砂が浮いてしまったのですね。 捨てるにはもったいないので、水草を植木鉢に植えて、 この底砂を入れればいいかと思ったのです。


短い水草はそれなりに成功しました。ところが、 長い水草はだめでした。水位が浅かったのです。 店に売っているときは小さいかごに入っているので、 それを投げ込むとちょうどいい深さになるのですが、 植木鉢に植えると、この高さ分だけ水面から近くなります。 なので、水中で水草がたたずに、 水面にだらっと広がっているだけになってしまうのです。これが「 モサ」っと感になってしまうのです。


対策は二つ。植木鉢を小さくするか、水草を短くするかです。


もさっとしていてもメダカたちは、 気にせず水草の周りで泳いでいるのですが。

 

マツモを買いました

まだいいやと思っていたのですが、マツモを買いました。

 

f:id:kyooyaji:20180415160156j:plain

f:id:kyooyaji:20180415160216j:plain

 

卵をつけたのがいるのですが、水温もまだ低いので増やすための採卵はまだ先でいいかなと思っていたのですが、買い物が早く終わったので急遽寄り道して(子供たちもかまわないと言ってくれたこともあり)、ショップに走りました。

 

昨晩から今朝まで、嵐のうに雨風が強かったので、今日はおとなしく家にこもっているつもりでしたが、早くに雨もやんだので出かけることに。そのついでの買い物です。

 

これから暖かくなって、メダカもそうですが、水草もどんどん増えていくことでしょうね。

 

f:id:kyooyaji:20180415160643j:plain

 

少し早い

今年から仲間入りしたミユキメダカが卵をお腹につけていました。水温が低いから、まだ先だろうと思っていたのですが。

 

採卵はもう少し待とうと思います。シーズンは始まったばかりなので。

まだ

4月になって、日中の気温は暖かくなってきましたが、 朝晩は少し肌寒い時期です。 こういう時期はメダカにとっての生活環境は厳しいのではないでし ょうか。つまり、水は温まりにくく冷めにくいので、 この時期の水温は低く、 メダカたちにとっては春だといってもそれほど喜べないのだと思い ます。まあ、 彼らが本当に喜んだり悲しんだりしているかは別としてですが。


日中の暖かい時間帯には、 日の当たる場所の水面近くで漂っているのはそのためでしょう。 水中はまだ冷たいので、暖かいところで体温を上げているのです。


うちでは、 メダカの卵を3月に入手して孵化した仔魚を屋内で飼っています。 加温はしていませんが、水温は計っていてこの時期は20℃ 以上をキープしています。屋外は10℃ 以下ということははないでしょうが、低いのではないでしょうか。きっとまだ本調子ではないと思います。


そのため、環境の急な変化は避けたほうがいいでしょう。


暖かくなったからと、水をすべて替えることはもちろん、 大量の水を追加することも避けたほうがいいかもしれません。 餌のやりすぎにも注意が必要かもしれません。 暖かく日に餌をやるとかわいいのですが、 もうしばらくは我慢です。

 

三寒四温とはいえ、昨日は強風で今日は寒い

昨日の風はすごかったですねえ。ヒメダカの水槽をリセットしようと思っていたのですが、だめでした。外に出た瞬間に萎えてしまいました。私は風に弱いのです。雨より弱いのです。

 

そして、今日は朝から天気はいいものの気温が低い。でも、ヒメダカの水槽をリセットしました。

 

去年の秋にアオミドロを掃除して冬明け一発目の掃除です。水はきれいだったのですが、アオミドロが繁茂していたのでこれを除去して、ソイルを砂利に入れ替えました(これはうちのかみさんのリクエストです)。

 

それにしてもこの季節は暖かい日と寒い日の繰り返しになります。暖かい日が続くようになるのはもう少し待ちましょう。